fe-safe

有限要素モデル向けの耐久性解析ソフトウェア

fe-safe 2018の新機能

機能

  • fe-safe の機能の概要。
    • 溶接継ぎ手の疲労を解析
    • 振動疲労を解析
    • 試験プログラムを検証
    • クリティカル・ディスタンス法で亀裂成長を予測
    • 鋳造/鍛造シミュレーションのプロパティをマッピング
    • 保証曲線で材料疲労強度の変動と荷重のばらつきを組み合わせて、耐用期間中の残存確率を計算
    • 成形プロセスや組立プロセスが製造に及ぼす影響から残留応力を予測して、迅速な感度解析を実行
    • 仮想ひずみゲージを fe-safe で指定して測定データと関連付け可能。
    • 信号の処理、荷重履歴の操作、ひずみゲージからの疲労の解析、加速試験信号の生成など多数の機能を標準装備。
    • fe-safe を最適化ループの中で実行して、設計の疲労性能を最適化。 fe-safe からSIMULIAのIsightとTOSCAにアクセス可能
    • SIMPACK Flexボディ、Abaqus、fe-safeを組み合わせることが可能
    • Abaqus ODB、ANSYS RST、NASTRAN OP2のファイルにアクセス可能