GEOVIA Whittle™

戦略的な採掘計画 - 採掘の収益性を最適化

鉱床の財務的妥当性や最適な採掘戦略を評価しなければならない場合、探査会社や鉱業会社は業界をリードする戦略的採掘計画ソリューションであるGEOVIA Whittle™を活用しています。企業はWhittleの活用を通じ、採掘の現実的な制約事項を考慮に入れながら収益性を最大化する投資戦略を決定し、盤石な採掘計画を策定しています。

Whittleは信頼性の高い結果を提供し、スコーピングやフィジビリティ、継続生産可能年数のスケジューリング、さらに生産段階を通じて採掘計画の再評価を継続実施するために使用されています。オペレーションの経済性をフルに引き出すには、ピットの最適化だけでは不十分です。Whittleは、採掘の最適化機能を提供し、ピットの最適化を超えるプロジェクトの価値を大幅に向上させます。64ビットのプラットフォームにより、Whittle では大きなモデルの最適化と表示を目的とした大規模なデータセットを処理できます。Whittleは、拡大し続ける大規模なデータセットに対応するため、Lerchs-Grossmannアルゴリズムに加え、疑似フロー・アルゴリズムも備えています。このアルゴリズムは、ピット・シェルを高速で生成できることで知られており、こうした大規模なデータセットにも対応しています。

パンフレットをダウンロード

Whittleのシステム要件

メリット:

調査

  • 鉱床の潜在的価値の把握
  • 今後の掘削領域の見極め

スコーピング

  • 鉱床の経済的妥当性、設備投資、および開発戦略オプションの確立
  • 感応度分析の検討および将来的な調査のためのリソースの割り当て

プレ・フィジビリティ、フィジビリティ

  • 優先的な開発戦略、設備投資、予測されるNPV、最適な抽出順序の特定
  • 感応度を計算し、リスク低減戦略を策定
  • 鉱床に関する最終判断の確定

採算性

  • 期待されるROIの検討
  • 感応度と投資リスクの分析
  • リスク低減に向けた複数のシナリオ検討

生産

  • 鉱山の戦略的な方向性、カットオフ品位と最適化されたカットオフ品位、採掘範囲と期間ごとの抽出順序、新たな鉱山の開発戦略や延期の決定
  • 状況変化に応じた採掘計画の再評価
  • 年間の埋蔵量報告書の計算

Whittleにより、基盤となるキャッシュ・フローが確実に改善されるシナリオを特定できたほか、生産目標がキャッシュ・フローを圧迫している可能性のある箇所も確認できました。社内の削減策を素早く採択し、再評価できるようになったのです。

Lucette Hugo氏 チーフ・ストラテジック・プランニング・エンジニア、Gold Fields Ghana