鉄道インフラ

運用の最適化と鉄道網の成長

今日の輸送業界は、大きな変革に直面しています。鉄道インフラ企業は、より持続可能で、安全かつ便利な鉄道連絡に対する需要急増の最前線に立っています。都市・高速・長距離輸送全体で鉄道インフラの最新化、電化、拡大が行われる一方、老朽化した既存インフラを維持するという複雑な課題に直面しています。このことは、ミスが発生する可能性が高く、統合されていない、複雑過ぎる古い慣例が存在する余地はまったくないことを意味します。このような時代に競争力を高め、期待以上のサービスを提供するには、常に適切な従業員と機械を適切な場所に適切なタイミングで配置できるよう、完全に管理する必要があります。

鉄道インフラの変革を推進

鉄道網の管理者であっても、鉄道インフラ請負業者であっても、DELMIA を使用することで、鉄道インフラの課題を管理し、オプティマイズド・プランニングを通じて価値を得ることができます。また、キャパシティを最大限に高め、インテリジェントで財務的に健全な決定を下すことが可能です。これには鉄道網のキャパシティ、オペレーション、インフラの保守計画および成長を最適化するためのサポートが含まれます。

鉄道網管理

DELMIA は、鉄道網計画の広範に及ぶ複雑な作業をサポートします。このソリューションは、プロジェクトと保守、ネットワーク帯域幅管理、トラフィック制御のあらゆる側面をカバーします。これには長期、中期、短期、最新の意思決定が含まれます。これにより、ルール、変化する規制、労働法を考慮することができます。効率性、持続可能性、公的資金の責任ある使用に関して、関係者の精査に耐える計画の作成に役立ちます。

全領域に対応した計画

単一の統合プラットフォームで、鉄道網全体に及ぶ戦略的かつ戦術的な運用計画を作成します。

トランスペアレンシー

サプライチェーンだけでなく、現在および将来のオペレーションも完全に把握できます。

シナリオ・プランニング

中断に備えて代替シナリオをシミュレートし、投資に関する決定を下します。

順応性

予定外の出来事にリアルタイムで対応し、中断の影響を最小限に抑えます。

鉄道網のキャパシティの最適化

鉄道網のキャパシティを最適化し、運用上の矛盾を特定して克服することにより、運用効率を高めることができます。

柔軟性

ニーズや鉄道網に合わせて拡張できるクラウドベースのソリューションを活用できます。

インフラ管理の請負

DELMIA の適応性を備えた統合計画ソリューションでは、鉄道インフラ請負業者が直面する地理的な問題や、悪天候や分断された作業期間といった最終段階での問題など特有の課題を考慮した計画を立てることができます。まず長期的な計画を立て、状況の変化により、必要な変更をリアルタイムで加えます。

市場の成長と需要への対処

重要なのは、市場のニーズに全面的に一致する透明性の高い計画プロセスを持つことです。乗客や輸送事業者が要求するサービスの増加に対処できる必要があります。これは、線路の空き状況に関する最終段階のリクエストが珍しくない、非常に不確実な貨物市場では特に重要です。

突発的事象のリアルタイムでの監視および管理

突発的事象が発生した場合に、シナリオを展開し、鉄道駅内のルートに鉄道車両を割り当て、インフラ所有者および事業者の顧客サービス・レベルを維持するために突発的事象を効果的に解決(できれば解消)できるようにするには、リアルタイムの監視と突発的事象の管理が必要です。そうしたニーズに対応します。

運営事業者の関与の促進

たとえば線路が保全のために閉鎖されている場合にサービスの切り替えやキャンセルを行うなど、突発的事象に効果的に対応できるよう、事業者は、鉄道キャパシティを把握し、リアルタイムの情報にアクセスする必要があります。

事業者の効率化のサポート

規制を受ける事業者も規制を受けない事業者も、時間内に効率的で予測可能な輸送サービスを提供するという高まる圧力に対処するため、インフラ所有者からのサポートを必要としています。