マリタイム・ロジスティクス

高収益・コスト高効率の輸送オペレーション

DELMIA Quintiqのマリタイム・ロジスティクス向けプランニングでは包括的な輸送ロジスティクス・サポートを提供して、船舶の使用状況に関するあらゆる決定が最適なものになるよう確保します。企業全体でリアルタイムのデータにアクセスできるため、プランナーとマネージャーは、常に適時に高収益を生む意思決定ができます。プランナーは、意思決定サポート機能を利用して、迅速な計算、提案、アラート、直感的なビジュアリゼーションといった機能を得られます。これによって、データ処理ではなく質の高い計画に注力でき、差別化されたサービスの提供を介して顧客にもたらす価値を高めることができます。

ネットワーク・オプティマイゼーション

最適なフリート・ネットワークの設計。

メンテナンス・オプティマイゼーション

規制および船舶所有の要件を考慮しながら、船舶のアイドル時間を最小化し、停泊コストを削減して、保守に最適なタイミングを判断。

キャパシティ・オプティマイゼーション

あらゆる船舶のキャパシティおよび積荷能力の最大化。

スケジューリング

年間を通して、供給契約と季節変動に沿った最適な運用スケジュールを維持。

シナリオ・プランニング

仮定のシナリオを検討して、キャパシティの余剰やトレード・レーンの閉鎖など未来の事象が及ぼす影響のシミュレーション。

アジリティ

船舶の貸出やスポット市場など収益性の高い機会を活かすと同時に、最終段階の変更の影響を最小限に抑制。

コンストレイント・オプティマイゼーション

すべての船舶、港、コンパートメント、貨物の仕様と制約を反映した最適な計画の作成。

レベニュー・オプティマイゼーション

あらゆる船舶のイールドと使用率を最大化し、サービスを適切な価格かつ適切なタイミングで販売。

コンテナ・シッピング

DELMIA Quintiqの直感的なインターフェース、KPIを重視したリアルタイムのレポート作成ツール、最新の自動計画機能を利用した、計画の最適化。ご希望に応じた、または計画プロセスのどの段階にいるのかに応じた計画サポートのレベルの選択ができます。世界記録を更新する最適化アルゴリズムを利用して、計画全体を最適化し、計画の決定事項の影響に関する解釈の容易なデータを入手できます。また、特定のKPIに基づいて提案された変更に従った行動をとることもできます。

ファスト・プラン

すべての船舶、港、コンパートメント、貨物の仕様と制約を反映した最適化された計画の迅速な作成。

オプティマイゼーション

貨物の流れと、さまざまな移動オプションの検討方法を考慮。

スケジューリング

年間を通して、供給契約と季節変動に沿った最適な運用スケジュールを維持。

キャパシティ・オプティマイゼーション

毎回、適切な船舶を適切な航海に割り当てることで、収益とキャパシティの完全なバランスの実現。

アジリティ

手早く計画を作り直し、貨物の出荷先を変更することで、最終段階での中断の影響を最小化。スピードとマンパワーの要件を変更でき、妥当なコストで高い顧客満足度を常に確保。

デシジョン・サポート

コスト、利用可能なキャパシティ、サービス・レベル、スケジュールに基づいて、考え得るすべてのモダリティとレグの組み合わせを徹底的に比較。

シナリオ・プランニング

仮定のシナリオを検討して、輸送リソースの流動的な移動、新たな地域でのビジネス開発、既存の地域での積載量の変化など未来の事象の影響をシミュレーション。

イクイップメント・リポジショニング

空のフローを最小限に抑え、再配置を最適化および簡素化。

ネットワーク・オプティマイゼーション

貨物の流れを効率的に処理できる最適なフリート・ネットワークの設計。

タンカー

固有の制約と主要業績評価指標(KPI)を考慮しつつ、すべての作業を完全に把握して業務を遂行。プランナーによる船舶とコンパートメントのキャパシティおよび最終貨物の制限事項を完全に考慮した実行可能な計画の作成が可能。使用率の最適化と同時に、清掃コストおよび遅延の最小化。インテリジェントなロジスティクス・プランニングにより、キャパシティ利用率の最大化と、常に収益性を重視した意思決定が可能。

シナリオ・プランニング

仮定のシナリオをシミュレートし、KPIへの影響を把握。

コラボレーション

海運サプライチェーン内のあらゆる関係者間でのスムーズなコラボレーションの確保。

オプティマイゼーション

最も収益性の高い貨物構成を常に確保。

リライアビリティー

正確な見積と納期を顧客に提示。

デシジョン・サポート

提案された複数の計画案を検証した後、KPIに合致する計画を選択・詳細化。

バース・オプティマイゼーション

規制と汚染のリスクを考慮しつつ、複雑な停泊所計画を最適化して収益性を向上。

メンテナンス・オプティマイゼーション

ハッチの清掃作業と保守作業を最適化。

リアルタイム・プランニング

駆け込みの注文や突発的事象(天候、人員の空き状況、混雑など)に容易に対処。

トランスペアレンシー

フリートのキャパシティと現在の位置、指示、見積もり/実際の輸送時間を含め、現在および未来のオペレーションの完全な把握。

ドライバルク

プランナーによる船舶とハッチのキャパシティおよび最終貨物の制限事項を完全に考慮した実行可能な計画の作成が可能。使用率の最適化と同時に、滞船、汚染、遅延のリスクの最小化。

コラボレーション

船舶の港と港の間の移動中に、プランナー間でのスムーズなコラボレーションが可能。

ビジビリティ

フリートのキャパシティ、指示、輸送時間を含め、現在および未来のオペレーションの完全な把握。

ディスラプション・マネジメント

駆け込みの注文や突発的事象に容易に対処。

デシジョン・サポート

提案された複数の計画案を検証した後、KPIに合致する計画を選択・詳細化。

オプティマイゼーション

すべての貨物をヤードに保管して、スペースと利用状況を最適化。

インプルーブド・サービス

正確な見積と納期を顧客に提示。

シナリオ・プランニング

仮定のシナリオをシミュレートし、KPIへの影響を把握。

メンテナンス・オプティマイゼーション

船舶の機関や乾ドックのサービスなど、保守作業の最適化。

プロジェクト・カーゴ

DELMIA Quintiqのインテリジェントな計画テクノロジーでは、スピードと俊敏性をもたらし、サプライチェーンでの避けられない遅延と中断に対処します。リアルタイムのロジスティクス・プランニングおよび最適化機能を利用することで、現物荷(すぐに積み込める貨物)市場を活用できるよう備えられます。プランナーは、利用可能な資産と使用中の資産すべて、そしてリソースの機能と制約の概要を把握して、計画全体あるいはその一部の最適化という選択肢を得られます。同期されたグローバルな計画ソリューションにより、オフィスとサブコンの間のミスコミュニケーションを最小限に抑え、船舶と人員のアイドル時間を削減できます。

シナリオ・プランニング

仮定のシナリオを検討して、新しい船舶への投資からトレード・レーンの一時的な閉鎖まで、あらゆる不測の事態に十分に備えます。

シームレス・インテグレーション

陸空海での貨物のスムーズかつタイムリーな移動の確保。

イクイップメント・オプティマイゼーション

機器の持ち上げおよびハンドリング、ならびに操作する専門港湾作業員の計画を最適化。

エンパワード・プランナー

計画プロセスを効率化して、プランナーが推測と計算ではなく最適なビジネス上の意思決定を重視できるようにします。

トリップ・オプティマイゼーション

寄港の順番と積荷計画の手配を最適化。

リアルタイム・コラボレーション

あらゆる関係者が計画をリアルタイムで確認して、遅延の予測と対処が可能。

カーゴ・コンストレイント・ハンドリング

港、船舶、貨物における運送・運搬機能の効率的な組み合わせを実現。

ベッセル・スケジューリング

計画を迅速に策定または改訂して定時運行を増やし、収益性を最適化して、顧客に対するコミットメントを実現。DELMIA Quintiqにより、すべてのオペレーションと計画領域に及ぶ変更の影響を把握。アジリティが得られ需要の変動や天候の変化、予期しない遅延などに合わせて計画を自動的に調整できます。しかも、船舶が出発する瞬間や輸送中まで対応できます。常に最もスマートな決定を下すためのサポートが得られます。

ビジビリティ

オペレーション全体にわたる現在と来来の計画に関する決定の影響を把握。

レスポンシブネス

変更と制約違反に関するリアルタイムのアラートの受取と対応。

オプティマイゼーション

スピードとバンカーの使用率を最適化。

ディスラプション・マネジメント

スケジュールを再度最適化して、最終段階での変更の影響を最小限に抑制。

KPIベース・プランニング

計画を迅速に策定または改訂して定時運行を増やし、収益性を最適化して、顧客に対するコミットメントを実現。

シナリオ・プランニング

あり得る混乱やその他未来の事象の影響をシミュレートします。

セントラライズド・プランニング

リアルタイムのデータを共有して、たとえ臨時の決断でも適切に航海を組み合わせて協業できるようにします。