製造業向けインダストリー・ソリューション

航空宇宙・防衛産業

3DEXPERIENCE® プラットフォームによって強化されている DELMIA は、航空宇宙・防衛産業の生産プロセス全体にわたり、革新的な製造とデジタル精度をもたらします。プライベート機・商用航空機にかかわらず、当社のソリューションは、計画、生産、オペレーションのすべての領域において航空宇宙企業をサポートできます。設計からエンジニアリング、製造に至るバリュー・ネットワークのすべての部分で、連携、モデル化、最適化、業務遂行の効果的かつ効率的な実施が可能になります。メーカーは、ビジネスやプログラムの目標に関するすべての決定の影響を測定することもできます。突発的事象が発生した場合でも、適切な意思決定につながる可視性とインサイトを得ることができます。

相手先ブランド製造企業(OEM)やサプライヤーは、複数の製造拠点と複雑化したグローバル・サプライ・チェーンの管理に苦労しながら、厳しい納期目標に対応しなければなりません。DELMIA は、エンジニアリングや製造計画の関係者が正確な製品や製品のビルド情報にリアルタイムにアクセスできるようにすることで、生産速度を加速し、品質向上を図ることができます。

DELMIA ソリューションは、仮想世界の製品や施設の設計から、現実世界の製造、現場保守に至るまで、デジタル精度を提供します。ユーザーは、さまざまな分野におけるエンドツーエンドの意思決定サポートに支えられた包括的な機能を利用して、製造目標を達成し、運用効率を促進することができます。これには、バーチャル・ビルド、ファブリケーション、積層造形、ロボット工学、NC プログラミング、ファブリケーション & アセンブリー、品質、生産、メンテナンスが含まれます。

ビルド・トゥー・オペレート

ビルド・トゥー・オペレート・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスにより、生産目標の達成を加速し、製造能力を向上することができます。航空宇宙分野の OEM やサプライヤーは、3DEXPERIENCE® プラットフォームによって強化されているこのソリューションを使用することで、リーン・プラクティスを実践して、新たなテクノロジーを統合し、品質や納期を犠牲にすることなく、需要に応えられます。さらに、ビルド・トゥー・オペレートは工場の状態をリアルタイムで確認できる製造管理を提供し、製造オペレーションの制御が大幅に向上します。

レディー・フォー・レート

レディー・フォー・レートは、エンジニアリングおよび製造計画の関係者に正確な製品および製品構築情報へのリアルタイム・アクセスを提供し、増産の促進と品質向上を図ります。柔軟な生産を促進するとともに、製品を初回から品質、予算、スケジュールに従って引き渡しできるようサポートします。航空宇宙産業のメーカーは、リーン・プラクティスを実践して、重要な製造領域から無駄を省くことができます。3DEXPERIENCE® プラットフォームを利用すると、計画担当者は、製造プロセスを個別の作業指示書に至るまでバーチャル環境で定義して検証し、潜在的な問題や無駄が表面化する前に排除することができます。

エンジニアド・トゥー・フライ

エンジニアド・トゥー・フライは、中小の航空宇宙・防衛サプライヤーが、入札から納品に至るビジネスの収益性を高めるのに役立ちます。3DEXPERIENCE® プラットフォームで情報を結び付けることで複雑さが低減され、サプライヤーは新規入札の進展、製品開発時のコラボレーション、増産の促進を実現できます。さらに、設計時間の短縮による高い利益率の達成、問題の早期特定による品質向上、重複部品の削減、製造の最適化を実現できます。

リインベント・ザ・スカイ

リインベント・ザ・スカイは、革新的なソリューション開発において、スタートアップ企業、中小企業、OEM をサポートします。3DEXPERIENCE® プラットフォーム・オン・ザ・クラウドは、プログラムの実行を最適化し、製品のシミュレーションによって情報を結び付けることで、製品開発時の複雑さの軽減と品質保証を実現します。このソリューションは、エンジニアリングからサプライヤー管理に至る機能チーム全体のコラボレーションの向上を促進し、IT のコストを削減し、プロジェクトの成熟度と企業のキャッシュ・フローに応じて規模を調整します。

キープ・ゼム・オペレーティング

3DEXPERIENCE® プラットフォームによって強化されているキープ・ゼム・オペレーティングは、スペアパーツ、サポートおよびサービス・エンジニアリング、MRO ビジネスの改善を支援し、競争優位性を構築します。この統合ソリューションは、データが社内・社外、構造化・非構造化、シンプル・複雑にかかわらず、データをデジタルな連続性で収集、整合、強化し、ユーザーが望む方法で情報を提供します。ビジネス・プロセスの改善、パーツの可用性の最適化、潜在的な問題の予測、バリュー・ストリームの統合を実施し、リアルタイムにチームワークを促進します。