プロダクト コンフィギュレーター

すべてのオプションを調べる

チャレンジ

製品のバリエーション、オプションやアクセサリーの組合せが示せないと、製品の理解を深める事は難しくなります。消費者は購買決定に際して製品のグレードやカラーなどの選択肢を知りたいという欲求を持ちます。紙のカタログや商品の標準カット画像だけでは、選択肢の全容が消費者に伝わりにくく、購買への道のりが長くなり、コンバージョンレートも低いままに留まるリスクがあります。

ビジョン

消費者が製品の購入を検討する際に、製品とその選択肢を体験的に示して、利用シーンなどを想起してもらい、あたかも所有しているような感覚を持ってもらうことで購買意欲を飛躍的に向上できます。製品のバリエーションやアクセサリーを動的に描画し、体感させることで、アップセリングとクロスセリングが高まります。この為には、一元管理され、メインテナンスしやすい形で整備された製品データやCG素材のバックボーンが必要になります。特にグローバルに製品導入を展開する企業では、データや素材をシステム的に、効率よく処理できるかが実現性とコストに跳ね返ってきます。

ソリューション

をコンフィギュレータのソリューションとして運用すれば、製品ラインの全選択肢や組み合わせを簡便に送出することができます。APEX Suiteは、3Dマスター・モデルによって、ウェブやモバイルなどのマルチチャネルの環境で製品やそのバリエーションを自由自在に表現できるシステムプロセスソリューションです。フォトリアルなマテリアルの再現により、消費者は自分のイメージに合わせて製品をカスタマイズすることもできます。また、好みにカスタマイズした製品モデルを保存したり、メールで送ったり、SNSにアップしたりすることで、購買のプロセスのみならず、ブランドのファン層を広げるマーケティング活動にもつなげられます。


店頭やショールームでのエクスペリエンス

3DEXCITE の店舗ショールームソリューションにより、現場をより魅力的なプレゼンテーションの場として演出し、ブランドの表現や体験価値を高める事ができます。当社独自の 3D ソリューションを組み合わせて、ユーザーフレンドリーなUIによって製品とのインタラクションを可能にし、顧客エンゲージメントを高める事が可能になります。高解像度・高精細の大画面から手に取れるタブレットまで多様な展開が可能です。また、受発注システムとの接続も可能です。


軽量化されたコンフィギュレーション

3DEXCITE は、プロフェッショナルな可視化技術の広範な専門知識を備えたクリエーティブなパワーを現状の 2D に融合させ、費用対効果に優れ、説得力がある、技術的に実行可能なレイヤーベースの「独自のビルド」による Web コンフィギュレーターを提供します。 これには、製品構成、バリアント、ローカライズ版、特別版など、必要な一式がすべて含まれています。


モバイル & WEB 3D ビジュアライゼーション

CG描画の際には、レスポンスタイムやパフォーマンスの向上、インフラの設備投資などが課題となります。モバイルに展開する事で、設備や導入コストを抑制するだけでなく、エンドユーザへのリーチが高まります。他方で、モバイルの限られた環境でも、製品の情報量や質感などのエクスペリエンスの満足度が体験価値の結果に直結します。この様なモバイルコンフィギュレータは、最適化された軽量ポリゴン・モデルを必要とし、画像やアニメーション等をスピーディーに品質高く表示させるという技術的課題を抱えます。3DEXCITEのモバイルソリューションは軽量化と品質保持を両立させて、これらの課題を解決します。


使いやすい、高速でコスト効率の高いテクノロジー

美しく、インスピレーションを与える製品動画とクールなWebコンテンツが、標準的なマーケティング・キャンペーンの成果物のすべてです。ただし、デジタルな連続性とコネクテッド・エクスペリエンスについては、まったく別のテーマについて説明します。たとえば、小売店の環境に製品構成を置きます。お客様はこれを使い、自分にぴったりの靴、ハンドバッグ、時計、車(業界固有の製品をここに挿入)を作成します。詳細な情報を入力したら、連絡先を入力し、閉じます。ブランドのWebサイトに次回アクセスすると、自分向けのまったく新しいエクスペリエンスが用意されているという具合です。 そのお客様向けのカスタマイズされたバージョンの製品が、サイトにあらかじめ表示されます。 SNSに投稿すれば、すぐにフィードバックが返ってきます。このようにして、エクスペリエンスを楽しめます。そのブランドが気に入ったユーザーは、そのブランドの支持者になり、ブランドを宣伝してくれます。 エクスペリエンスを通じてそのブランドに興味を持ったからです。コンテンツはCADからビジュアル化されているため、没入型のエンゲージメントとなります。 その顧客は自分のエクスペリエンス(AR、VR、MR、360度の製品動画)をダウンロードしてダンボール箱に使用するなど、すっかりそのブランドのファンになりなります。潜在顧客は、様々なシナリオと環境で、製品を双方向で試すことができます。そして、そのことを友達に間違いなく伝えてくれるでしょう。