Nov 07 2019

ロッキード マーティン社がダッソー・システムズの デジタル・エンジニアリングの強化に 3DEXPERIENCEプラットフォームを採用

• ロッキード マーティン社はエンジニアリングと製造のプランニングツールとして、3DEXPERIENCEプラットフォームを展開
• 今後複数年をかけて、納期の短縮と次世代製品の効率性改善をねらう
• デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの使用というアプローチにより、複雑かつ洗練された航空機開発を推進

 

ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、 ロッキード マーティン社 が、同社のデジタル・エンジニアリングの取り組みを強化するために3DEXPERIENCEプラットフォームを採用していると発表しました。ロッキード マーティン社は、次世代の航空機開発やヘリコプター開発に向けて、ダッソー・システムズとの複数年に及ぶ連携を基に、設計から製造までの一連のプロセスを繋ぐ「デジタルスレッド」 (デジタルの流れ) の構築をねらいます。

 

ロッキード マーティン社は、デジタル・エンジニアリング・ツールのパッケージの一部として、3DEXPERIENCEプラットフォームをベースにした数々のインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを使用しています。同社の航空事業とロータリー・ミッションシステム事業では、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションに対応したプラットフォームを活用し、包括的なデジタル環境で連携、アジリティ、スピードの強化を図っています。

 

ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業担当バイス・プレジデント、デビッド・ジグラーは、次のように述べています。「3DEXPERIENCEプラットフォームを活用することで、ロッキード マーティン社はエンジニアリングのデジタル化を促進し、統合プラットフォームによるアプローチで製品エンジニアリングの最適化が可能になります」「このアプローチは、極めて複雑なプログラムに柔軟性をもたらし、21世紀の航空宇宙産業を定義する新しい高性能航空機の開発を後押しします。ロッキード マーティン社のような企業が、複数の技術分野が関わる包括的なプロセスを素早く実行できれば、大規模な航空機開発プログラムを効率的に進め、実機を引き渡すまでのスケジュールを短縮できます」

 

詳しくはこちら:

ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス

https://ifwe.3ds.com/ja/aerospace-defense

 

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション

http://www.3ds.com/ja

 

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント

Twitter Facebook LinkedIn YouTube

(以上)

 

ダッソー・システムズについて

ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約25万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCECompassロゴ、3DSロゴ、CATIASOLIDWORKSENOVIADELMIASIMULIAGEOVIAEXALEAD 3D VIABIOVIANETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。