Apr 08 2020

武漢市の雷神山医院において シミュレーションで汚染拡散防止を支援する ダッソー・システムズのソリューション

• テクノロジーを駆使してCOVID-19と闘い、社会・経済活動の再開を目指す
• SIMULIA XFlow シミュレーション・ソフトウェアが、COVID-19と闘うために14日間で施工された中国最大の仮設病棟に導入
• 時間を要していた従来の文書ベースの業務に代わり、クラウド上の3Dモデルで共同作業に取り組めるプラットフォームを使用

 

ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、新戦略「From Things to Life」を実践するべく、中国の中南建築設計院 (CSADI) と協力し、中国・武漢市に設置された雷神山医院の隔離環境下で起こり得るウィルスの拡散をシミュレーションして評価するための支援を行っていることを発表しました。COVID-19のような感染症患者を収容する最大規模の仮設病棟群として建造された雷神山医院は、14日間という短工期で施工が実現しました。CSADIとダッソー・システムズは、この医療施設の換気システム内でウィルスが汚染拡散する様子をシミュレーションすることで、無計画な換気によって生じるリスクの影響を緩和するために、3DEXPERIENCEプラットフォームのシミュレーション機能を活用しています。

ダッソー・システムズの戦略パートナーであるCSADIは、雷神山医院の設計を担当しました。近隣環境への汚染防止を考慮することが極めて重要であり、特に院内の交差感染と、病院が位置する街区、人、環境への影響を最小限に抑えなければなりませんでした。その実現に向けて、ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEプラットフォームで強化されたSIMULIA XFlowソフトウェアを無償で提供し、CSADIが院内外の空気流れや換気システム内のウィルス拡散だけでなく、院内の他の課題もシミュレーションできるようにしました。

CSADI エンジニアリング・デジタル・テクノロジー・センターのディレクター張 慎氏は、次のように述べています。「ダッソー・システムズのテクノロジーは、生命と未来に重点を置いています。 CSADIは、雷神山医院の建設期間中に”チャイナスピード”といわれるほどの短工期を証明しました。医療関係者を守るために、ダッソー・システムズの先進的なSIMULIA XFlowソフトウェアを使用して、院内の空気分布概要をシミュレーションし、負圧である病室内のウィルスに汚染された空気を安全に排出する最適な方法を提案します。SIMULIA XFlowは、外部に排出された物質が周辺環境に及ぼす影響をシミュレーションすることもできるため、仮設病棟の設計や立地選定の際にも役立ちます」

ダッソー・システムズの中国のマネージング・ディレクターであるYing Zhangは次のように述べています。「ダッソー・システムズは、中国企業がテクノロジーを活用してCOVID-19と闘えるよう支援を行うと同時に、パンデミック後の企業の復興と発展にも目を向けて全力で取り組んでいます。当社はモノからヒトまで (From Things to Life) 、幅広い対象を探求しています。人類の存続は我々にとっての課題であり、このパンデミックに限らず、今後の医療現場においてもCSADIと共に積極的に環境への貢献を果たしていく原動力となります。協業と3Dバーチャル ツイン エクスペリエンスの価値の活用を可能にする3DEXPERIENCEプラットフォームの効果は日々実証されています。このプラットフォームを設計、エンジニアリング、製造へと組織的に採用することで、いつでもどこからでもシームレスな協業が可能になり、すべてのユーザーが理解し、体験して、コミュニケーションすることができます。現在直面しているこの危機的状況下においても、従来では時間を要していた文書ベースの業務に代わり、3Dを使って共同作業に取り組める当社のプラットフォームを活用して、クラウドベースで体制を構築し、業務を進めています」

※本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳 (抄訳) したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。

 

詳しくはこちら:

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション

https://www.3ds.com/ja

 

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント

Twitter Facebook LinkedIn YouTube