ダッソー・システムズとVolvo IT、Volvo PentaにENOVIA V5を導入

ENOVIA V5 PLMソリューション、Volvo Pentaの主要事業をワールドワイドにサポート

スウェーデン、エーテボリおよび仏、パリ発 2004年10月11日―ダッソー・システムズ(Nasdaq: DASTY, Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は2004年10月11日、Volvo PentaにおけるENOVIA V5 PLM(プロダクト・ライフサイクル・マネージメント)ソリューションの導入展開において、Volvo ITとサービス契約を締結したことを発表しました。Volvo Pentaは、船舶および産業向けエンジンやパワーシステム一式を製造するリーディング・グローバル企業です。

ダッソー・システムズは、Volvo PentaでPLMを展開するためのテクニカル・コンサルティング・サービスと業界プロセスにおける専門スキルをVolvo ITに提供します。Volvo ITはプライマリー・システムインテグレーターとして、最大で400同時ユーザーに対応するENOVIA V5の展開を指揮します。

ダッソー・システムズが開発するIBM PLMソリューションENOVIA V5は、製品ライフサイクルおよびエクステンディッド・エンタープライズにわたる、柔軟な製品開発プロセスの展開を実現することにより、製造業の開発・製造コストを削減します。

2003年初期に、Volvo PentaはENOVIA V5の活用を開始しました。同社では、スウェーデンと米国の拠点間において、200ユーザーの共有を可能とする最初のグローバル・インプリメンテーションを完了しました。この最初の展開でVolvo Pentaは、内製の製品データ管理(PDM)システムをENOVIA V5にリプレイスしました。新フェーズでは、ENOVIA V5の同時ユーザー数を2005年3月までに2倍の400ユーザーまで拡大する予定です。

Volvo IT PLM Solution CenterのdirectorであるAnders Romareは、「この新規フェーズはVolvo Pentaのビジネス効率を向上し、複数の社内システムのリプレイスを可能とする新しい機能を導入する。また、Volvo ITの北欧地域におけるPLMビジネスの成長とともに、Volvo ITとダッソー・システムズとのパートナーシップはより一層深まっていくだろう。」と述べています。

ダッソー・システムズのglobal account manager for AB VolvoであるDidier Gaillardは、「完成度の高いPLMソリューションの構築、カスタマイズ、そしてバリデーションなど、我々の高度な専門スキルは、この新しいプロジェクトを成功へと導く決定打になるだろう。今後もVolvo ITとともに、Volvo PentaのPLMビジネス・トランスフォーメーションを継続していく。」と述べています。

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。