ダッソー・システムズが最高サステナビリティ責任者にフィリピーヌ・ドゥ・セルクラエスを任命

  • 新たなリーダーシップでサステナビリティ戦略を強化し、ダッソー・システムズのパーパスである「製品と自然と生活の調和」をさらに推進 

  • フィリピーヌ・ドゥ・セルクラエスは、ビジネス変革、資金調達、エネルギー移行、ブロックチェーン、エネルギー効率、新エネルギーといった、世界やイノベーションに関する幅広い経験を有する

※本リリースは、仏ヴェリジー=ヴィラクブレーにて現地時間2022年11月17日に発表したリリースの日本語参考訳です。

ダッソー・システムズ (Euronext Paris: FR0014003TT8, DSY.PA) は本日、同社のCSO(Chief Sustainability Officer、最高サステナビリティ責任者)として、新たにフィリピーヌ・ドゥ・セルクラエスを任命したことを発表しました。フィリピーヌは今後、ダッソー・システムズのサステナビリティ活動全般を率いて、関連する製品ポートフォリオの開発と事業展開を推進していきます。本発表は、第27回気候変動枠組条約締約国会議(COP27)の開催期間中に行われました。

フィリピーヌ・ドゥ・セルクラエスはこれまで20年間にわたり、ビジネス変革、エネルギー移行に伴う資金調達、ブロックチェーン、エネルギー効率、新エネルギーの世界やイノベーションに関連する様々な上級職や顧問の役職を歴任してきました。ダッソー・システムズにおいてもこれらの経験を生かしていくことが期待されます。

ダッソー・システムズに入社するまでは、シュナイダーエレクトリックに10年近く在籍し、直近では同社のシニア・エグゼクティブ グローバル・バイスプレジデント(戦略的パートナーシップ担当)の役職に就いていました。在任期間中には、戦略的に重要となる顧客やデジタル、公共、金融、教育機関の各パートナー向けに、世界規模でのソリューションやプラットフォームの導入・展開を統轄してきました。それ以前には、ロスチャイルド、JPモルガン、経済協力開発機構(OECD)/国際エネルギー機関(IEA)で役職を歴任してます。OECD/IEAでは、エネルギー効率・環境部門の上級財務顧問を務め、エネルギー効率とクリーンテクノロジーの資金調達において官民パートナーシップを推進するプラットフォーム、Energy Efficiency Finance Action Network(エネルギー効率資金調達活動ネットワーク)を設立しました。

フィリピーヌ・ドゥ・セルクラエスは、これまでに数多くの出版物を執筆し、世界経済フォーラム、 ダボス会議、持続可能なエネルギー週間、アル・ゴア顧問会議、アジア・クリーンエネルギー・フォーラムなどの主要会議で定期的に演説も行っています。また現在、シンクタンクBSI Economicsの役員としても活動しています。フィリピーヌ・ドゥ・セルクラエスは、カナダ・モントリオールのマギル大学で文学士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで法学・金融修士号、パリのソルボンヌ大学で経済学博士号を取得しました。

ダッソー・システムズのインダストリー、マーケティング&サステナビリティ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるフローレンス・ベルゼレンは、次のように述べています。「サステナビリティは、ダッソー・システムズが掲げるパーパス(事業目的)である『製品と自然と生活の調和』の根幹を成すものです。当社では、パリ協定およびCOP27の気候変動に対する行動宣言と共同声明に基づいて、2040年までにカーボンニュートラルを達成するための戦略を明確化し、2025年までにサステナビリティ関連のソリューション販売において新規ライセンス売上の3分の2を達成できるよう目標を設定しています。世界中で30万社以上のお客様にサービスを提供することで、ダッソー・システムズは11の対象業界で持続可能な変革の実現を支える比類なきパートナーとしての地位を確立してきました。フィリピーヌが、当社の野心的な目標を達成するための様々な取り組みにおいて、非常に大きな影響力を発揮してくれることを確信しています。彼女のビジネス変革、エネルギー、気候変動の分野での豊富な経験を活かすことで、当社はステナビリティ関連のポートフォリオ開発を促進し、持続可能なイノベーションの成功例としてダッソー・システムズの知名度を高めていくことができるでしょう」

 

詳細はこちら

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCEプラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション
https://www.3ds.com/ja

 

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter Facebook LinkedIn YouTube

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。