ダッソー・システムズ、SolidWorksのCEOにJeff Rayを任命

世界の3D CAD市場におけるSolidWorksのリーダーシップをさらに強化

米国マサチューセッツ州コンコード発 2007年7月11日付発表のプレスリリース 参考日本語訳

ダッソー・システムズ(本社:仏パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065、DSY.PA)は、は本日、ダッソー・システムズの3Dメカニカル設計ソフトウエア ブランドである SolidWorksのCEOにJeff Ray を任命したことを発表しました。これまでCOOを務めていたRayはJohn McEleneyの後任となります。Rayの任務はSolidWorksをメインストリーム3D CADの業界標準にしていくことです。

「Rayは業界での、また経営者としての豊富な経験をもとに、新しい役割においてSolidWorksの次なる段階の発展を成功に導いてくれるでしょう。」ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者、ベルナール・シャーレスはこのように語っています。「前任者のMcEleneyは、彼の顧客、コミュニティ、従業員、同僚に対する揺るぎない信頼と献身によりSolidWorksをスタートアップ企業から、他に類のない販売チャネルを持つ安定した世界的組織へ成長させるという素晴らしい業績を残してくれました。」

Rayは2003年10月、COOとしてSolidWorksに入社しました。彼は世界的な販売パフォーマンスの改善および売上、利益、市場シェアの向上に大きな役割を果たしました。SolidWorksに在籍して4年になる彼は、国際的ビジネスの構築、改革に30年近くの実績を有しています。彼はProgress Software、Compuware、IBMなどの企業で上級経営職を歴任しています。 

Jon Hirschtickにより14年前に創立されたSolidWorksは、2001年にCEOに就任したJohn McEleneyの強力なリーダーシップの下、大きな成功を遂げています。ダッソー・システムズに買収されてからの10年でSolidWorksの売上は40倍にも拡大し、現在では680,000 以上のユーザーがSolidWorksのソリューションを利用しています。

McEleney は引退し、新たな個人的目標に取り組んでいく予定です。彼は本年末までSolidWorksの取締役会およびダッソー・システムズ のグローバル・マネージメント・チームの一員として残り、会社との緊密な関係を保ちます。

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。