ダッソー・システムズ、ABAQUS Inc.の買収を完了

SIMULIAブランドを投入、リアルな3Dシミュレーションを実現する次世代ソリューショ ンの開発を支援

仏、パリで2005年10月4日付発表のプレスリリースの日本語訳

 

ダッソー・システムズ(本社 仏パリ DS - Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、高度な有限要素解析ソフトウエアにおける確立したリーダー企業として知られるABAQUS Inc.の買収が完了したことを発表いたしました。現金払いによる買収額(キャッシュバランスと推計税効果の考慮前)は4億1,300万ドルでした。ダッソー・システムズは、SIMULIAを新たに自社ブランドに加えることも発表しています。


ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは、「当社のお客様が優先課題に挙げているのは、リアルなシミュレーションをさらに拡大・統合し、ワークフローの信頼性と効率を高めることです。ABAQUSの買収および統合された複合物理シミュレーション・プラットフォームであるSIMULIAへの投資により、リアルな3Dシミュレーションの利点をさらに幅広いお客様層に提供可能になります。5カ月の統合準備期間を通じABAQUSの優れたチームとも溶け込むことができ、我々は彼らがダッソー・システムズのファミリーに加わることを歓迎いたします。ABAQUSの現CEOであるMark Goldstein氏はその任務を拡大し、新しいSIMULIAブランドのCEOとしてSIMULIAのポートフォリオを統括する予定です」と述べています。


Mark Goldsteinは、「SIMULIAに関する将来ビジョンと、ダッソー・システムズの同僚たちとの協力がもたらす機会に大いに期待しています。シミュレーション市場は活気にあふれ大きな成長の機会を秘めており、シミュレーションはさまざまな業種で重要性を増しつつあります。今回、さらに利用可能なリソースが広がり、我々の目標は明確です。我々の目標は、有限要素解析市場をリードするABAQUSの地位を不動のものとすること、ダッソー・システムズのあらゆる関連ソリューションをSIMULIAと統合すること、製造業を超えた幅広いお客様のニーズに対応するためにリアルなシミュレーションのエコシステムを拡大することです」と述べています。


ダッソー・システムズはさらに、2005年10月25日に予定されている第3四半期決算の発表に合わせて、2005年第4四半期と2006年当初の財務目標にABAQUSの業績を含めることも明らかにしています。

 

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。