Dassault Systemes、

Spatial、ソフトウエアベンダー向けCAA V5販売のプリマリー・チャネルに

Suresnes, France - May 30, 2002 - Dassault Systemes (Nasdaq : DASTY ; Euronext Paris : #13065, DSY. PA)は2002年5月30日、Dassault Systemesのグループ企業であるSpatial Corp. (Spatial)がソフトウエアベンダーに向けたV5 Component Application Architecture (CAA) の販売およびマーケティングにおいてプライマリー・チャネルとなると発表しました。この発表は、Dassault Systemesの3D PLM (Product Lifecycle Management)戦略にいてSpatialが重要な役割を担うことを意味します。<br/>

Dassault Systemesは2000年11月にSpatialを買収しましたが、グループの中でワールドクラスの3Dコンポーネント・プロバイダーとしての役割を担うSpatialとしては、今回の発表は自然の流れとも言えます。ソフトウエア開発においてSpatialが強力な専門性を提供できるよう、Dassault Systemesはワールドクラスのエグゼクティブ・マネージメント・チームを発足させ、信頼性のあるプロセス、品質優位性、そしてV5テクノロジー導入を促進しています。Spatialは、”best ever”と顧客企業から賞賛を浴びている製品リリース、業界から支持を得ているOpenHSF構築などを含め、Dassault Systemesによって定められたゴールを16ヶ月以内で達成しました。CAA V5、CATIA、ENOVIA、そしてDELMIA のオープン・アーキテクチャ・コンポーネントをビジネスラインに加えることにより、Spatialは3D PLMマーケットに対するミッションと既存のコンポーネントソリューションを拡大します。<br/>

CAA V5は、マルチ企業環境に対応し、Dassault Systemesの3D PLMソリューションを補完する先進のV5アプリケーションを、ソフトウエアディベロッパーが迅速に開発できるようにするミドルウエアです。3D PLMは、共通のプロダクト、プロセス、そしてリソース(PPR)を共有するコラボレーティブ・ワークスペースを使用し、エンジニアリング、マニュファクチャリング、メンテナンス、そしてサポートにおける顧客企業のビジネスプロセスを最適化します。 <br/>

CAA V5は、競合他社より一歩進んだ、大規模開発をサポートする機能を通じてそのマーケットリーダーシップとしての地位を実証します。今日CAA V5は、独立系ソフトウエアベンダーと製造業のリーダー企業を含むDassault Systemesのエクステンディッド・エンタープライズに関わる18ヶ国、1,800名以上のエンジニアによって強化されます。リーディング・ソフトウエアベンダーは、既にCAA V5 3D PLMソリューションのフルセットを市場に投入しています。こうしてCAAの適用範囲の広がりが、V5の3D PLMのミドルウエアとしてのベンチマークとなっています。<br/>

SpatialのChief Executive OfficerであるMike Payneは、「Spatialがソフトウエア開発ベンダーに対するCAA V5のプライマリーな販売およびマーケティングチャネルとなったことは当然なことだ。

Dassault SystemesがSpatialを買収した意図は、Dassault Systemesの開発技術のディストリビューション・ポイントとしてSpatialを活用することだ。これによりCAA V5プラットフォーム上に付加価値の高いサードパーティのアプリケーション開発が加速され、マーケット側もメリットを受けることになる。」と述べています。<br/>

Dassault SystemesのExecutive Vice President of Research and DevelopmentであるBruno Latchagueは、「Mike Payneは、PTCとSollidWorks両社においてリーダーシップ的役割を果たしたという実績があり、3Dアプリケーションの開発におけるパイオニアとして認知されている。Dassault SystemesのChief Technology OfficerとしてMike Payneは、Dassault Systemesの3D PLM戦略におけるメジャーフォースへとSpatialを発展させるために任命された。この発表は、Mike PayneのSpatialでの業績達成とDassault SystemesのCAA V5拡大へのコミットメントを確認するものだ。」と述べています。

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。