ダッソー・システムズとプラットフォーム・コンピューティング、CAA V5ソフトウエア・パートナーシップを締結

プラットフォーム、V5 PLM環境でグリッド・コンピューティングを実現するワークロード管理ツールを提供

カナダ・マーカムおよび仏パリで2005年7月19日に発表されたプレスリリースの日本語訳

 

Dassault Systèmes (NASDAQ: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は2005年7月19日、グリッド・コンピューティング・ソフトウエアにおけるワールド・リーダーであるプラットフォーム・コンピューティングと開発パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。プラットフォームは、CAA V5ソフトウエア・パートナーとしてダッソー・システムズのソフトウエア・コミュニティ・プログラムに参画し、ダッソー・システムズのCAA V5(Component Application Architecture V5)上でグリッド・コンピューティング・ソリューションを開発、マーケティング、そして販売します。

 

このパートナーシップを通じてプラットフォームは、V5 PLMソリューションにグリッド機能を提供し処理能力を向上します。具体的には、専用サーバー上またはグリッド機能を持つワークステーションを使用して複数のCPU負荷を分散します。プラットフォームの主力製品Platform LSFのカスタマイズ版によりV5ユーザーは、標準のCATIA V5環境内からエンタープライズ・グリッドを通じて、膨大な計算量を要するPLM操作をスケジューリングおよび分配することが可能になります。

 

ダッソー・システムズのV5 PLM (プロダクト・ライフサイクル・マネージメント)シミュレーション・ソリューションは、迅速な設計-解析イタレーションをサポートする直感的かつユーザーフレンドリーなコラボレーティブ環境が組み込まれたナレッジベースのユニークなシミュレーション・ツール群を提供します。ENOVIA DMUソリューションにより、エンジニアリングやプロセス決定に関わる人々は、デジタル・モックアップやテクニカル・データなど様々な複雑なデータをコラボレーティブかつイマーシブにビューイング、ナビゲーション、レビュー、解析、そしてシミュレーションを実行することができます。

 

このパートナーシップによって、プラットフォームのグリッド・ソフトウエア・テクノロジーは、V5 PLMプロセッシング・バックボーンと緊密に統合されます。この統合は、ソルバー計算、デジタル・モックアップ、アセンブリー、データ変換、および印刷業務のようなあらゆるマニュアル操作と、バッチ処理を最適化します。Platform LSFは、電気・電子(E&E)、航空宇宙、そして自動車業界におけるお客様が直面するコンピューター・インフラ上の課題に対応するダッソー・システムズのPLMソリューションの機能を加速します。製品計画としてまず、CAA V5ベースのワークロード・マネージメント・ソリューション、Platform LSF for V5 PLMが投入される予定です。

 

Magna Styer Fahrzeugtechnik AG & CoKGのhead of Engineering Information SystemsであるDr. Heinz Mayerは、「LSFグリッド・コンピューティングとV5 PLMソリューションの組み合わせにより、完成車テストのDMUクラッシュ・プロセスにおいて著しくパフォーマンスが向上しました。我々は、統合を強化し、より堅牢な環境を提供するこのパートナーシップを歓迎します」と述べています。

 

ダッソー・システムズのR&D director、V5 PLM ArchitectureであるFlorence Hu-Aubignyは、「このパートナーシップは、あらゆる業界のお客様企業におけるV5 PLMの導入展開、ハードウエア資産の更なる活用および監視を最適化します。これにより、V5 PLMリソースの最適化が促進され、全V5 PLMポートフォリオだけでなく、CAA V5パートナーが提供する広大なポートフォリオにもベネフィットをもたらすでしょう」と述べています。

 

プラットフォーム・コンピューティングのCEO and co-founderであるDr. Songnian Zhouは、「プラットフォームはグリッド・コンピューターにおけるリーダーであり、製造企業におけるコンピューティング・インフラ全体にわたり、ワークロード管理ソリューションを展開するという強力なコミットメントを持っています。ダッソー・システムズのPLMソリューションとPlatform LSF for V5 PLMのユーザーは、現在利用可能な最高のPLMソリューションとグリッド・コンピューティング・テクノロジーの組み合わせから恩恵を受けるでしょう。顧客企業は、既存のコンピューティング・インフラの能力を最大化し、膨大な負荷がかかるPLM処理を加速することが可能になるでしょう」と述べています。

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。