豪英鉱業大手のBHPとダッソー・システムズが長期の戦略的パートナーシップを締結

• 鉱業へのデジタル技術の活用
• 他の産業界で実証済みの技術を鉱業にも導入し、潜在的な価値を引き出す
• パートナーシップを通じて資源やオペレーションに関する理解をより深める

2019 年4月24日 - 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発 日本語参考訳 - ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) と、世界をリードするグローバル資源会社である BHPは、鉱業へのデジタル技術の活用に関する、長期の戦略的パートナーシップを締結しました。

両社の経験とリソースを組み合わせ、他の産業界で実証済みの技術を、地球科学と資源工学といった鉱業の中核をなす基本分野に導入することで、鉱業の潜在的な価値を引き出すことが狙いです。今回のパートナーシップでは両社が、安全性や持続可能性 (サステナビリティー) に対する責任を担いながら、天然資源や鉱業オペレーションに関する理解をより深めることを目指しています。

ダッソー・システムズの取締役会副会長兼最高経営責任者、ベルナール・シャーレスは次のように述べています。「BHPとダッソー・システムズは、21世紀の鉱業に向けた展望と熱意を共有しています。計画から利用までの全オペレーションをデジタル化することで、当社の3DEXPERIENCEプラットフォーム上に、採掘のプロセスを始めから終わりまで包括する『デジタル・ツイン・エクスペリエンス』を構築できます。これこそが、全体最適の実現に向けて、協業を重ねながらイノベーションを実現できる環境なのです。製造業において確たる実績を積んできたこの変革手法は、マーケット・アジリティ、予測可能性の向上、持続可能な鉱業イノベーション、大幅なコスト削減を、鉱業のライフサイクル全体にもたらします」

詳しくはこちら:
ダッソー・システムズのエネルギー・資源業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter   Facebook   LinkedIn   YouTube   公式ブログ

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。