仏Blue Spirit Aero社、水素電池を搭載した航空機の開発を加速させるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームを採用

  • 水素燃料電池を動力源とする航空機の開発に取り組むフランスのスタートアップ、Blue Spirit Aero社が、軽量航空機「ドラゴンフライ」の開発にダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォーム・オン・クラウドを活用
  • ダッソー・システムズのインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「リインベント・ザ・スカイ」の採用によって、チーム連携の向上とプログラム実行の最適化が可能に 
  • 航空機開発の構想から認証取得までの各フェーズに3DEXPERIENCEプラットフォームを活用することで、よりクリーンな航空機の実現可能性を示し、水素経済の推進に貢献

※本リリースは、仏ヴェリジー=ヴィラクブレーにて現地時間2022年11月3日に発表したリリースの日本語参考訳です。

ダッソー・システムズ(Euronext Paris:  FR0014003TT8, DSY.PA)は本日、水素燃料電池を動力源とする航空機の開発を手掛けるフランスのスタートアップBlue Spirit Aero社が、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォーム・オン・クラウドを活用して、水素電池を搭載した軽量航空機の開発を加速させ、利用しやすいクリーンな航空機の認証取得を推進していくことを発表しました。

「ドラゴンフライ」はBlue Spirit Aero社が独自開発した電気推進技術を搭載し、クリーンな性能を備えた飛行に最適化されている航空機です。同社は2026年中の認証取得と事業参入を視野に入れて機体開発を進めており、3DEXPERIENCEプラットフォームを基盤とするインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「リインベント・ザ・スカイ」を活用することで、わずか数ヵ月で機体形状の詳細な3D設計を完成させ、航空力学・構造・エネルギーの3つの観点からテストと検証を行いました。開発当初から、3DEXPERIENCEプラットフォーム・オン・クラウドのバーチャル環境を活用したことで、Blue Spirit Aero社は社内プロセスを構造化できただけでなく、より効率的な意思決定と完全なトレーサビリティを実現するために、各分野や拠点にわたり分散する専門家間のコミュニケーションを合理化することもできました。

Blue Spirit Aero社のCEO兼創設者であるOlivier Savin氏は、次のように述べています。「3DEXPERIENCEプラットフォームは、航空機業界で基準となるテクノロジーです。このプラットフォームを当社の航空機開発の構想から認証取得までの各フェーズで活用することで、我々は製品開発のあらゆる面を単一のプラットフォームで実行できるだけでなく、各フェーズで達成したマイルストーンの一つ一つの信ぴょう性も上がります。技術的に最も高度な旅客機開発を実現させた同じソフトウェアを用いて、実現可能な水素ソリューションの開発が進められていることを、将来の投資家、パートナー、従業員、サプライヤー、お客様、規制当局の方々に知ってもらうこともできます」

世界の航空機業界は、2050年までに炭素排出量実質ゼロの達成を目指しています。技術進歩を実際のソリューションに転換するには、関係者の専門知識を集結させて効率的な認証プロセスを実現させる新たな手段が必要です。その中、規制当局は破壊的変革をもたらす水素技術を利用したソリューションの認証プロセスの確立に取り組んでいます。Blue Spirit Aero社は、3DEXPERIENCEプラットフォームを活用して水素ソリューションの実現可能性を示すことで、この取り組みの火付け役となります。

ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業担当バイスプレジデントであるデビッド・ジグラーは、次のように述べています。「Blue Spirit Aero社は水素経済を推進する活動的なスタートアップの良い例であり、持続可能な航空機を実現するというビジョンを我々と共有しています。『リインベント・ザ・スカイ』とクラウドによってもたらされる拡張性によって、同社はプロジェクトの成熟度に合わせて機能を追加実装して、プログラム実行を最適化し、コストを削減することができます。新たな移動手段の認証に向けてレールを敷くスタートアップにとっては、こうしたソリューションが不可欠になっています」 

詳細はこちら

ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス
https://www.3ds.com/ja/industries/aerospace-defense

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCEプラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション
https://www.3ds.com/ja

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter Facebook LinkedIn YouTube

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。