エンジニアリング・データ、製造部品表(MBOM)、製造プロセス間の連続性を維持することは、最適な生産のために不可欠です。外部の製造パートナーを採用する場合も、エンジニアリングと製造間の強力な連携が必要です。エンジニアリング・チームと製造チームが連携して情報やリソースを共有することで、設計と製造をシームレスに統合して相互の整合性を維持できます。2つの部門間の連携は、効率的、効果的かつ高水準の生産を達成するために重要です。

連携の強化による、ロボット製造効率の最大化

ロボット・メーカーが成功を果たすには、エンジニアリング・チームと製造チーム間の効果的な連携が不可欠です。情報を迅速かつ効率的にやり取りすることで、市場投入までの期間を短縮して、複数の部品表(BOM)に起因する摩擦をなくすことができます。共通の製品定義と変更プロセスの一元化により、製品リリース・プロセスに進む前に問題点を特定および解決できます。これにより、市場投入までの期間を短縮、開発コストを削減、収益化までの時間を短縮して、明確な競争上の優位性を獲得できます。

効率と柔軟性を最大限に高めるには、エンジニアリングと製造間のデジタル連続性が重要です。クラウド版3DEXPERIENCEのバーチャルツインを使用して、物理的システムの実行可能なバーチャル・モデルを作成および実際のプロセスに基づいて自動的に更新できます。これにより、シームレスな統合と統合型バリュー・ストリームが可能になり、モデルへの修正がすべての製造プロセスにわたって反映され、工場の製造現場からのフィードバックが設計の選択に活かされます。このようにデジタル連続性を活用することで、製造プロセスにおいて最適な効率軟性と柔軟性を実現できます。

collaboration-img

ロボティクス・スタートアップにとって、特定の製造をサプライヤーにアウトソーシングすることは、効率を高めてオペレーションの規模を拡大するために有効な方法です。しかし、サプライヤーとの効果的な連携が困難な場合があります:

  • リアルタイムのコラボレーション・ツールの欠如
  • 物理的なプレゼンスの必要性
  • チーム・メンバーが作業に関連する特定の詳細情報やファイルにほとんどアクセスできない

このような課題を解決するには、一元化された情報源として機能する、適切なファイルやデータに細密にアクセスできるプラットフォームが不可欠です。これにより、チームがどこからでも、プロダクト・ライフサイクル全体を通じてシームレスに連携することができます。フィードバックの提供、変更の実行、リアルタイムでの実験をチームが実行できるようにすることで、品質を損なうことなくイノベーションを加速させ、製品をより迅速に市場に投入できます。

さらに、製造サプライヤーが知的財産の盗難やその他のリスクにさらされることなく、適切な情報やファイルにアクセスできるようにすることも重要です。より容易かつ効率的にサプライヤーと連携できる一連のツールを導入することで、ビジネス上の利益を保護しながら、製品をより早く市場に投入できます。

 

製造人員 > 遠隔チームの連携を維持するクラウドベースのソリューション > ダッソー・システムズ®
Eブック

エンジニアリングと製造間のギャップを解消

3DEXPERIENCEプラットフォームにより、エンジニアリングと製造間をデジタル接続することで、チーム間および企業をまたぐコミュニケーションとコラボレーションを改善できます。 

生産の最適化:ロボティクス産業におけるスタートアップの課題

最適な生産を確保することが、ロボティクス産業におけるスタートアップの課題といえます。スタートアップ企業は通常、外部の生産パートナーに依存しており、オペレーション・プロセスの大規模な物理的なテストのためのリソースを保有していません。これらの課題を克服するために、ロボティクスのスタートアップは、エンジニアリングと製造間を効率的に接続して、バーチャルツインによりモデリングとシミュレーションの仮想世界とオペレーションの実世界を結び付ける必要があります。

 

詳細

3DEXPERIENCEプラットフォームによる、ビジネス・トランスフォーメーションの詳細

クラウド版3DEXPERIENCEプラットフォームによる、ロボット設計・製造方法のトランスフォーメーションをご覧ください。