Abaqus Unified FEA

リアリスティック・シミュレーションの完全ソリューション。

命名規則とリリース・サイクルの同期

ポートフォリオ製品の全バージョンが、相互に一貫性のある年度ベースの命名規則に従うようになり、その時点で発表される他のSIMULIA製品リリースとの一貫性も確保されます。

  • Abaqus 6.14 -> Abaqus 2016
  • Isight 5.9 -> Isight 2016
  • fe-safe 6.5 -> fe-safe 2016
  • Tosca Structure 8.1 -> Tosca Structure 2016

Abaqus 2016の新機能

ほとんどのエンジニアリング・チームは、さまざまなベンダーから各設計評価項目に特化したシミュレーション・ツールを導入して、製品シミュレーションを実施しています。しかし、複数のベンダー製ソフトウェア製品の使用は、効率性の低下や費用の増大につながります。SIMULIAは、スケーラブルな有限解析製品スイートを提供します。これによって、すべてのユーザーは、シミュレーションの専門性や興味のある領域が異なっても、情報の厳格性を損なうことなく、チームで協調してシームレスにシミュレーション・データや承認済み手法を共有することが可能になります。

Abaqus Unified FEA製品スイートは、日常的な解析から高度なエンジニアリングの問題まで、多種多様な産業アプリケーションをカバーする強力で完璧なソリューションを提供します。例えば、自動車業界のエンジニアリング作業グループは、共通モデル・データ構造と統合されたソルバ・テクノロジーを使って、全車両荷重、動的振動、マルチボディ・システム、衝撃 / 衝突、非線形静的、熱的結合、音響-構造連結などさまざまな問題の検証を行っています。多くの業界トップ企業がAbaqus Unified FEAを活用して、プロセスとツールを統合し、非効率性を改善してコストを削減し、競争力を確保しています。

Abaqus 2016 - 統一FEA製品

  • Abaqus / CAE
  • Abaqus / Standard
  • Abaqus / Explicit
  • Abaqus / CFD

機能強化:

強化された接触

  • Abaqus / Standard一般接触の進歩
    • 異なる接触の定式化を自動的に切り替える手法の改善によってAbaqus / Standardの収束動作を大幅に向上します
    • 新たなVertex-to-Surface定式化は、凸なコーナー部の接触挙動を改善します。
  • 線形化接触の導入
    • 非線形性が摩擦のない微小すべりのみの接触の問題を効率的に解決します
    • 小中規模の問題に最適です。
    • 当初は一部の3Dエクスペリエンス・アプリケーションのみで利用できます
  • Abaqus / Explicit用に更新された接触出力
    • Abaqus Standardファミリーの出力変数:CDISP、CTANDIR、CSTATUS、すべり速度の変数。
  • CADエンハンスト接触
    • 形状修正の手法が、より一般的なサーフェス形状にまで拡張されています
    • 正確性と頑強さという両メリットを提供します
    • 当初は一部の3Dエクスペリエンス・アプリケーションのみで利用できます

 

強化された材料と要素

  • 拡張された要素ライブラリ
    • TETおよびHEXメッシュ間のつなぐことができる応力解析用のピラミッド要素
    • マルチフィジックス要素
      • CTD(Coupled temperature-displacement:温度変位連成)
      • CPD(Coupled pore pressure-displacement:間隙圧変位連成)
      • CPTD(Coupled pore pressure-temperature-displacement:間隙圧温度変位連成)
    • ベルヌーイ方程式に基づく流体パイプ/ コネクター要素は1D流体流をモデル化できます。
      • 非圧縮な定常状態で有効
      • 圧力、流量、重力荷重
      • 摩擦および管結合部によって生じる損失をモデル化できます
      • 3D間隙圧要素と連成できます
  • 結合された固体サーフェスの剛体回転
    • Abaqus / Standardはデフォルトでオフセットのあるソリッドメッシュの結合の回転を考慮します
  • 材料モデリングの強化
    • 速度依存性非線形移動硬化塑性
    • 地盤工学アプリケーション向けの異方性粘土塑性
    • 高速衝突後のはねかえりのためのJohnson Cook塑性のインポート
  • AMSのGPUアクセラレーション
  • CELのトレーサー粒子
    • トレーサー粒子はCELシミュレーションの材料の動きをフォローし、材料点の結果抽出を可能にします
  • DEM粒子生成
    • 粒子生成は、以下の要素に基づきます。
      • 入口サーフェスの展開
      • ユーザー指定サイズ分布
      • ユーザー指定質量流量
      • ユーザー指定入口速度
  • SPH境界の処理の改善
    • 仮想粒子の導入はSPH壁面条件の精度を改善します。
  • 統一グリッドSPH粒子生成
    • 親要素の代わりに一様な背景グリッドに基づくSPH粒子生成は、結果の精度を改善できます。
  • モデル・インスタンシング
    • コネクター、コネクターの断面、接触の相互作用は、インスタンス化されたモデルからコピー可能です
  • メッシュ編集ツールを使用して粘着要素を生成します
    • ジオメトリ面または要素セット / サーフェスを選択します
    • 新たに作成された節点/ 要素用のセットを作成します
    • 中間節点配置
      • メッシュ・モジュールで利用可能な新規プラグイン
      • 集合、サーフェス、ビューポイント・ピッキングに基づく選択
      • 取り消し / やり直しの有効化

 

強化されたインターフェースとユーザビリティー

  • 改善されたユーザビリティー
    • 以前のリリースでのコピー / 貼り付け時の問題が修正されました
    • プロンプト領域からクリップボードにテキストをコピーします
    • GUIウィジェットでコンテンツをコピーし、ウィジェット・ウィンドウを閉じた後でそのコンテンツを貼り付けます
    • 既定フォントとグリフ・サイズが12ポイントに更新されました
  • 改善されたビューポート・コントロール
    • ワン・クリック – 全ビューポートのリンク / リンク解除
    • リンク・ビューポート・マネージャーのコントロールを分離します
    • 既定で全オプションをリンクします
    • ビューポートを全画面表示します(<F11>キー)
    • <F11>キーを押すと、再び既定ビューに戻ります
    • フリーボディ・ユーザビリティー
    • ユーザー定義の要約ポイント位置を強調表示します
    • モーメント矢印の既定色が改善されました

メリット:

  • 企業のFEAツールセットおよびトレーニング関連支出の削減
  • モデル生成の効率性の向上
  • テストと解析結果の相関の改善
  • シミュレーション間のデータ転送の改善
  • より柔軟なワークフォース