Reqtify

要件の追跡可能性とインパクト分析の管理

Reqtifyは、ハードウェアおよびソフトウェア開発のライフサイクル全体において、さまざまなシステム、プログラム、プロジェクト・レベルでの要件、追跡可能性、インパクト分析を管理する、使いやすいインタラクティブなアプリケーションです。

Reqtifyは、開発および検証プロセスと要件を任意の段階でリンクできる最も効果的なソリューションとして付加価値を発揮します。プロジェクト・チームが導入および検証作業に専念できるように支援し、複雑な組み込みシステムの開発で最大の効率を達成できるようにサポートします。

Reqtifyは、複数のシステム・エンジニアリング・ツールに対する包括的なインターフェース・リストを提供します。Reqtifyは、あらゆるベンダーの任意のソース(ファイルやデータベース)から、さまざまなデータおよびファイル形式でデータを取得できます。オープンで拡張可能なプラットフォームで、60を超える一般的なシステム・エンジニアリング・ツールとインターフェースを確立できます。さらに、Reqtifyは、企業が自社要件エンジニアリング・プロセスを効果的に管理し、ISO61508、ISO26262、Spice、DO178C、DO254、FDA、GAMP、CMMIなどの規格に確実に準拠できるようにサポートします。

主な特徴とメリット

  • あらゆるレベルの要件を取得
  • Word文書やPDF文書から要件を直感的にすばやく簡単に取得
  • カバレッジ分析と追跡可能性
  • 要件変更とライフサイクル情報の管理
  • 回帰リスク管理のための上流および下流インパクト分析