CATIA Systems Engineering

CATIA Systems Engineeringでは、複雑な製品の挙動を製品定義に組み入れ、実環境での製品性能を予測するライフライク・エクスペリエンスを可能にします。

製品とコンポーネントの機能的挙動のモデリング

複雑なシステムや製品の挙動をシミュレーションするために数多くの異なるモデルを使用することがよくあります。しかし、これらのモデルは相互運用性に欠けることが多く、他の要素が存在しない単独の環境のなかにあるので、製品の「システム全体の複合領域物理シミュレーション」ができません。ダッソー・システムズのSystems Engineering ソリューションでは、システムおよび機械製品の組み立て向けの挙動シミュレーションを活用した完全統合型システム・モデリング環境をご提供します。

システム・モデリング・ライブラリー

システム・モデリング : Modelica ライブラリ

当ソリューションでは、オープンソースのModelica言語を活用して、動的・静的挙動を合わせながらシステムやサブシステムのモデルを作成・解 析できます。Modelicaは、確定的な挙動の作成や、モジュラー・コンポーネントの再活用を可能にします。機械、電熱、電気・電子、流体、制御などの コンポーネントを含むModelica標準ライブラリ 3.0は、様々な分野のエンジニア間の協業を大きく改善します。

以下をクリックして詳細をご覧ください。


キネマティックス

キネマティックス・シミュレーション

詳細設計では細かいところまで注意を払わなくてはなりません。そのため、CATIAでは、設計者の皆様がメカニズムを簡単に定義、シミュレーショ ン、解析できる機能をお届けします。完全に自動化されたプロセスで、アセンブリーから直接メカニズムを定義することが可能です。設計の検証は、機能チェッ クを通して対話式に行うことも、キネマティックス・シミュレーションを実行して行うこともできます。CATIAは、あらゆるサイズのデジタル製品に関する同時進行作業を円滑にし、後処理ツールによって、可動パーツの干渉解析やスウェプトボリューム作成などの機能を駆使したパワフルなシミュレーションができます。

以下をクリックして詳細をご覧ください。


安全性

システムの安全性

製品の安全面の改善および製品やシステムの設計段階の早期に安全面を組み込むことを目的としています。安全性評価のあらゆる側面を管 理し、認証機関が要求する基準や社内基準に準拠するため、システム挙動のファンクショナルモード(設計面)とディスファンクショナルモード(安全面)の両 方が共通のシステム・リファレンス・モデルに記述されています。

以下をクリックして詳細をご覧ください。