Modelicaシステムソリューション

物理的なマルチドメイン・システム間の複雑な関連性シュミレーション
多数の異なるモデルを使用しての複雑なシステムと製品のシュミレーションを行うことは一般的となっています。これらのモデルは他のモデルと相互に動作することは稀で、完成品の「全システムによる物理特性シュミレーション」を行う「集合」環境に存在しません。 組込システムの数と複雑さが増えていく一方で、これらの各システムの効率的な定義、モデリング、シュミレーション、そして他のシステムの交流の重要度も増しています。システム・エンジニアリングは製品開発プロセスにおけるバリデーションと検証工程での予期しないシステム交流を避けるために必須となっています。

主なベネフィット:

  • 複雑な製品とシステム性能の素早いモデルリングとシュミレーション
    初期のバーチャル・シュミレーションを通しての複雑なシステムの理解とバリデーションの促進
  • 複雑な物理特性システム設計の問題に対するソリューションの迅速な発見
  • 再利用する知的財産投資促進のためのModelica準拠の要素モデルの使用
  • カスタマイズされた構成要素の作成や、専門分野にまたがるユニークなシステム・ニーズに対応するための既存構成要素の適用を目的とした多数のエンジニアリング領域に対する強力なオープン・モデル・ライブラリーの提供
    • 複雑なメカニズムとシステムのバーチャルな3Dシュミレーション実行のための3D形状搭載Modelicaモデル統合の性能

    関連内容

    • Dymola
    • Modelica ライブラリ
    • Modelica インダストリー・ソリューション
    • ニュース
    Webセミナー MBSE with Dymola
    Dymolaを今すぐダウンロード