複合領域の製品開発コンテキストにソフトウェアを実装できるコラボレーティブな連携環境

  • 複合領域のコラボレーションを改善
  • 企業のガバナンスやプロセス・フローを組み込むことで、ベスト・プラクティスを適用
  • ソフトウェア・アイテムのリリースに対して提示された最新のソフトウェア・コンテンツの透過性を高めることで、優れたコード・レビュー、知識移転、根本原因の解析を実現
  • 変更要件の管理など、上流および下流プロセスへの統合と連携を確保