多分野のエンジニアリング定義のコンテキストで、外部で管理しているソフトウェアを統制することで、ソフトウェア開発の連続性を確保

  • 環境全体の開発の一元化により設計分野どうしの連携を強化することで、エンジニアは使用コンテンツを効果的に節約し、イノベーションを加速
  • 開発チーム全員が、最新のソフトウェア・コンテンツをすぐに閲覧できる透明性が高いため、コード・レビューや知識の伝達、根本的な原因の分析が効果的になる
  • 要件、問題、変更管理を連携できるため、ソフトウェア開発における問題解決や変更指示の遂行、タスクの完了が効率的になる
  • ハードウェア・コンポーネントとソフトウェア・コンポーネント両方の要件を1つのプラットフォームで取り込み、詳細化できるため、扱っている製品が複数分野にまたがっていても、価値/ビジネス主導型のソフトウェア開発にまとめられる