コラボレーティブな連携した環境を提供することで、ソフトウェアを開発して複数の専門分野にまたがる製品のコンテキストに実装できます。

  • スコープ、スケジュール、リソースを調整し、プロジェクトを納期通りにビジネス上の制約内で実現
  • 成果物ベースのプロジェクト管理により、プロジェクトを「インビジブル」に管理
  • リアルタイムの情報に基づきリスクを特定、管理