製品のエンジニアリング定義を完成させ確定するまでのエンジニアリングのリード・タイムを短縮

  • ユーザーのニーズに合わせてデータをスマートに編成し、生産性を向上
  • IPをカテゴリー分けし、カテゴリーのフィルター機能を使ってエンジニアリング定義を操作して、データに容易にアクセス
  • 分野をまたがるコラボレーションを促進し、作業を効率化
  • 柔軟な表示設定、一括編集、ライフサイクル処理などを備えたエンジニアリング定義管理
  • 企業の部品番号付け規則の導入を推進
  • バリュー・ネットワーク全体にわたってエンジニアリングの作業分担を割り当て、チーム間のコラボレーションと製品開発を促進
  • 効率的なエンジニアリング定義の構成でキャリー・オーバーを最大化