標準化プロセス担当者を対象に、Standard Part Analystでは、企業が過去に作成した類似する標準部品やエンジニアリング部品の中からさまざまなリファレンスを特定できます。新しい製品の作成時にエンジニアリング部門で使用すべき部品を選択してハイライトすることでリファレンスを削減し、開発にかかる時間と全体的なコストを削減しながら、製造製品の品質を向上させることを目的としています。

  • 形状または部品の特性に基づく自動グループ化
  • グループの分割と結合
  • 部品特性の対照比較ウィンドウ
  • 再利用ステータスの宣言:Master、Alternative、Obsolete
  • ファミリーおよびサブファミリーを基準とした分類
  • OnePart Reuseへの公開(Preferred Part Consumer - S1Xロール)
  • 標準からの逸脱追跡に関するアップデート(R2019xの新機能)