シミュレーション結果またはデジタル化された実動作/製造条件から仮想3D形状を最適化します。

  • 点群とSTLデータをインポートおよび最適化して、メッシュを作成し、リファインします。
  • シミュレーション計算またはデジタル化の結果から仮想形状を作成します。
  • 公称形状を予測形状または実形状と比較し、誤差を測定します。
  • 差分を適用または補正することで、公称形状を更新および最適化します。
  • 成形による変形を補正します。