複数領域コラボレーションにより、分散したチームがモデルベースのアプローチで共通の製品構成を対象に作業できるようにして、市場投入までの期間を短縮します。

  • 分散したチームの間で、ライフサイクル/変更管理によるリアルタイムの同時設計
  • PCB構成要素の管理と製造情報のカスタマイズにより設計作業を最適化
  • 関係者全員がモデルベースのアプローチで多分野の製品定義を対象に共同作業
  • どのデバイスでも、いつでも3D PCBの設計を直接、エクステンデッド・エンタープライズと共有