分野ごとの詳細設計が連携するように、分野横断型のソリューション構造を定義します。

  • システムのライフサイクル全体を通して製品定義と変更、コンフィギュレーションを一元的に管理し、整合性が取れる
  • 分野横断型のソリューション構造の定義と管理
  • 分野(メカニカル、電気、流体、電子、ソフトウェア)ごとの詳細設計を連携
  • バリアントやシステム資産の再利用で構成されたアーキテクチャを管理することで、システム開発に要する労力を軽減。