オペレーション時間を正確に予測するために、実績のある科学的標準に基づいて、現行の作業環境を最適化し、新しい作業環境を(再)設計

  • すべてのプロセスのうち、人間の作業員が関与するオペレーションの期間がどれくらいになるのかを正確に予測
  • コストの削減と、作業環境の人間工学的な危険性の排除
  • MTM、MOST、MODAPTSなどのさまざまな時間基準に対応し、その基準に基づいてオペレーション時間を計算
  • 作業員ごとの作業負荷のバランスを調整し、作業負荷のバランスの改善、作業員の疲労の予測と削減、生産レートの最大化を達成
  • 必要に応じて、企業独自の時間測定方法に基づいてオペレーション時間を計算し、オペレーションを実施することも可能