拡張された企業システム・トレーサビリティー解析担当者サポート・システムにより、アーキテクトは以下を実施できるようになり、コラボレーションとトレーサビリティーが推進されるため、繰り返しが減ります。

  • 異なるツールで作成された異種データ・セット間のシステム解析をサポート
  • 異なるツールで作成された異種データ・セット間の仕様または設計要素のシステム・トレーサビリティーをサポート
  • サプライヤー向けの一貫した仕様を自動的に生成