プロジェクト関係者全員がシステムのライフサイクルに沿ってシステム仕様を把握、管理できるようにする

  • 標準と法規制に準拠するように要件の管理プロセスを制御
  • 製品の要件、設計および発売におけるギャップを埋めることで、開発コストと手戻りを削減
  • 一元管理されたリポジトリと共通のツールを共用して製品要件を管理することで、可視性、チームのコミュニケーションとコラボレーションを改善
  • 要件の進展を通じて全体的な品質とトレーサビリティーを向上