製品エンジニアリングのための3D公差をただちに組み入れてモデル・ベースの設計を活用します。

  • 3D注釈を使って製品の製造に関する情報をすべて伝達することで、製品定義を完成
  • 標準に準拠したセマンティックな情報(ISO、ANSI/ASME、JISなど)で、設計と製造のそれぞれの点どうしを結び付ける
  • 単一プラットフォームによるコンカレント・エンジニアリングを利用することで、判断時間を短縮