幅広い産業応用分野における静力学、動力学、振動、熱、疲労をカバーする包括的な構造シミュレーション

Structural Analysis Engineerは、任意のタイプの製品の構造的な完全性を評価する包括的なロールであり、以下の解析に対応
  • 複数の構造解析(静的、準静的、周波数、座屈、モードベースの定常状態または遷移状態動的、ランダム応答、非線形動的)
  • 熱解析または連続的な熱応力解析(過渡状態と定常状態の両方)
  • メッシュ作成の高度な機能として、自動作成(可能な場合)、シナリオ定義(最大で数千個の荷重条件)、実行、結果の視覚化、レポート生成があります。
  • 疲労シミュレーションで正確な疲労寿命を予測することが可能です。この解析で、複雑な工学製品を設計する際の耐久性を確保することができ、繰り返し荷重がかかる構成要素のライフサイクルを予測できるように通常の応力解析を拡張することができます。