モデルベース・アプローチで包括的なシステム・アーキテクチャを定義することで、運用のコンテキストおよびニーズと、機能/構成部品アーキテクチャの開発を把握できます。

  • モデルベースのシステムズ・エンジニアリング・アプローチにおける包括的なシステム・アーキテクチャ・モデリング、要件の分割、インターフェースの管理と、複数のシステムを状態、静的、および動的な視点で検討することにより、複雑化するシステムをコラボレーティブに管理。
  • バリアントやシステム資産の再利用で構成されたアーキテクチャを管理することで、システム開発に要する労力を軽減。
  • 包括的なシステムのトレーサビリティーと影響の分析を通じて、安全基準とベスト・プラクティスの順守を実証。