次世代の高機能デバイスを開発できるように、高機能な多分野エンジニアリングのアプローチを採用します。

  • 新しい消費者エクスペリエンスを提案できるように、同じ部品構造の中にメカニカルと電子のエンジニアリングを組み合わせ
  • 効率、スピード、制御を新たなレベルに引き上げて、複数の専門分野間の反復作業を実施
  • 物理的な試行錯誤はハイテクの短期間の開発サイクルとは相反する性質を持つため、スピードが速くトレーサビリティーの高い設計の検証と最適化を目指すのなら、シミュレーションを軸としたアプローチを採用するのが正解