静的解析によって故障モードを防止して安全な製品を設計します。

  • アーキテクチャの品質を評価。
  • 予備的リスク評価手法を使用して既存のシステム・アーキテクチャから望ましくない状況を特定。
  • 故障モードを定義し、システム・アーキテクチャへの影響を解析して、関係者に及ぶ影響を判断。
  • 既存のライブラリの事前定義テンプレートを使用して解析を作成、またはテンプレートをカスタマイズ。