共同作業で情報のやり取りを繰り返すコンテキストで設計することで、複合材部品の設計サイクルタイムを短縮します。

  • 応力の担当部門と製品構成の担当部門との間でシームレスに連携し、複合材設計の要件を収集
  • 製造上の制約条件を考慮しながら、初期設計要件を満たす複合材部品を生成
  • 忠実度の高い複合材データをリリースし、3D注釈を介して複合材製品の完全な定義を伝達することで、複合材部品の品質を向上