プロジェクトの作業領域を定義し、機能的な分類を割り当てたゾーンにそれらを細分化します。

  • 要件と分類ルールに確実に準拠。
  • すべての後工程設計者による一貫した設計方針の定義。
  • 設計の初期段階で、設計データを空間と紐付けて関連付け、検索できることで、重量とリソースの予測が可能に。
  • 設計ガイドとして使用する3Dグリッドを定義。
  • 作業領域を設計用スペースと製造用スペースに分割。
  • 物理オブジェクトと論理オブジェクトをスペースに関連付け。
  • スペースに基づくレポート、2Dレイアウト、GAP作成。