幅広いユーザー・コラボレーション、情報アクセス、プロセス管理を実現

  • さまざまなエキスパートが製品開発の重要な側面を確認、実行するのを確保
  • 問題点の優先順位を付け、割り当て、追跡
  • 製品開発情報のコラボレーティブな活用を促進
  • 慎重に管理されたチーム内の情報の適切な利用を確保