仮想的な工場の中でロボット処理システムを設計、検証することで、ロボットを生産工程で稼働できる状態に維持

  • コストがかさむロボット・ツーリングの衝突を回避し、生産の開始を前倒し
  • ロボティクス・ワークセルのツーリングと機器を設計することが可能
  • ロボット処理システムを検証することにより、生産の安全性を確保し、生産を加速化
  • 高価な機器を調達する前にロボット処理システムを設計、検証することで実現可能性を確保
  • ロボット・プログラムをシミュレーション、最適化することで、コストのかさむ衝突を回避し、サイクルタイムを短縮
  • 新しい製品を生産システムに組み入れる前に、その製品の処理をシミュレーション、検証