Virtual Factoryの中で、ロボット塗装システムを定義、検証、オフライン・プログラミング

  • ロボットを生産工程で稼働できるように維持し、塗装プロセスの品質を向上させ、生産の開始時期を前倒し
  • ロボットによる塗装システムやショットピーニング・システムをシミュレーション、検証することで、コストがかさむ衝突を回避
  • ロボットをオフラインでプログラミングすることで、実際のロボットが生産工程で稼働できる時間を長くし、表面仕上げプロセスの品質を向上
  • オフラインのロボット・プログラミングにより、生産と同時進行でエンジニアリングの実施が可能になり、生産の開始時期を前倒し