自動同期機能により、追跡可能な製品設計履歴ファイル(DHF)で設計の作業と成果物を管理

  • 設計の入力から出力までの完全なトレーサビリティーにより、確実に設計要件を達成
  • 障害を特定、取り込み、緩和
  • R&D、品質、製造間での情報の一元管理