Virtual Factoryのコンテキストで、ボディインホワイトのロボット・プロセスをロボティック・シミュレーションと妥当性検証により検証、最適化

  • ロボットの到達可能性を検討して、ファスナーが計画どおりに実現できることを確認
  • エンジニアリングにかかる時間を短縮し、作業量をバランスよく配分して、生産レートを向上
  • 拡張機能でオフラインのプログラミングを始める前に、ロボットのワークセル全体を完成させ検証
  • 自動ツール解析を使用して、溶接ガンの数をできる限り減らし、ツーリングのコストを削減