ボディインホワイトのロボット・システムをVirtual Factoryの中で定義、検証、オフライン・プログラミング

  • ロボットを生産工程で稼働できる状態に維持し、コストがかさむロボットとツーリングの衝突を回避し、生産の開始を前倒し
  • ロボットによる完全なスポット溶接システムや資材運搬システムをシミュレーション、検証することで、コストがかさむ衝突を回避
  • 生産工程で使用可能な精度の高いロボット・プログラミングを配信し、その一方で、オフラインのロボット・プログラミングにより、ロボットが生産工程で稼働できる状態に維持
  • オフラインのロボット・プログラミングにより、生産と同時進行でエンジニアリングの実施が可能になり、生産の開始時期を前倒し
  • 仮想的な試運転を実行することによって、PLC制御ロジックを含むワークセル全体を完全にシミュレーション