ロボティクス・アーク溶接やシーリング処理のシミュレーションと検証を実施して最適化

  • ロボット式の複雑なアーク溶接、粘着、シーリング処理の各システムをシミュレーション、検証することで、コストのかかる衝突を回避し、生産レートを最適化
  • 生産工程で使用可能な精度の高いロボット・プログラミングを配信し、その一方で、オフラインのロボット・プログラミングにより、ロボットが生産工程で稼働できる状態に維持
  • 仮想的な試運転を実行することによって、PLC制御ロジックを含むワークセル全体を完全にシミュレーション