データ・サイエンス機能を活用してベスト・プラクティスのワークフローを実行することで、科学データからより深いインサイトを得ることができます。

  • 化学、機械学習、イメージ解析、ゲノミクス/プロテオミクス、ETL、数値解析、ダッシュボードといった各分野で、以前に開発および発行したPipeline Pilotプロトコルを実行
  • 各分野の専門家によって作成され、多くの業界で適用可能な、ベスト・プラクティスのワークフローを実行。データ処理、統合(ETL)、解析、レポートを自動化して効率アップ
  • 3DEXPERIENCEプラットフォーム上で科学的なソリューションを製品化することで、結果を幅広く迅速に利用