メカニカル、パイピング、HVAC、構造物の各分野固有のエクスペリエンスをすばやく組み合わせます。

  • 3D設計をすぐに開始できるようにスペースを確保する3Dアプローチに基いて伝達経路を作成できるため、what ifシナリオを早い段階で検討できる
  • 高性能の強力なユーザー・インターフェースと、設計を自動的に詳細化する技術が組み合わせて、設計を効率化
  • 設計プロセスのあらゆる段階で、エンジニアリングの仕様とトポロジーを考慮し、回路図と3D設計との間のデータ一貫性をチェック