製品定義全体の中に潜在的な影響因子があるか確認できるように、CAD以外のさまざまな分野のシステムを準備、組織化

  • どのようなデバイスでもCADを使わずに3D製品の更新版を作成
  • 設計プロトタイプの開発に大がかりなエンジニアリング作業を行う前に、ウェブを使って3D構造で変更の影響を確認
  • エンジニアリング・チームが地理的に分散していても、1つのアプリケーションで多分野の機械システムや電子システムを対象に作業
  • ブラウザを使ってどのデバイスからでも、快適なパフォーマンスでさまざまなサイズのMultiCADデジタル・モックアップを操作
  • ウェブから3Dの変更内容を準備でき、変更プロセスの中で製品の更新状況がどうなっているか自動的に管理するため、設計のサイクルタイムの短縮が可能