すべての解析ツールと社内のベスト・プラクティスを、再利用および展開可能なプロセスに統合して、設計空間を検証し、情報に基づき意思決定

  • 現状のワークフローのトレーサビリティーとバージョン管理および、自動化追加機能、設計検証機能、ベストプラクティス取り込み機能でスケーラブルなユーザー・エクスペリエンスを実現。
  • 「仮定の」質問に回答して設計空間を検討することで、製品の性能と信頼性を向上させながら、コストを削減。
  • あらゆるシミュレーション・ツールを3DEXPERIENCEに接続できるオープン性。
  • 結果や使用アプリケーションから元の設計入力まで遡るエンドツーエンドのトレーサビリティーにより、データのコンテキストを把握可能。
  • シミュレーション・プロセスとベストプラクティスの取り込み、保存、再利用により、会社の主要な知的財産を確実に最大活用。